インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文

インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文を指南。英語や中国語や韓国語の外国語を活用したい人から初心者まで東京、大阪、福岡、沖縄など現場の仕事を分析。転職情報サイトです。訪日外国人に関係するニュースもマーケティングし紹介していきます。

ゲストハウスで語学を活かすスタッフの履歴書志望動機例文

経験と外国語を活かしてゲストハウスで働こう

志望動機例文:Cさん

いつも旅するときはゲストハウスに泊まっていました。居心地のいいゲストハウスとそうでないゲストハウスがあります。スタッフとして働き居心地のいいゲストハウスをつくりたいと思い応募しました。世界中を旅しました。そして世界中のゲストハウスに泊まりました。外国人との交流が好きです。語学の資格はありませんが、英語と中国語を話せます。(161文字)

 

コメント

経験豊富なことが伝わってきます。今までお客さんとして泊まってきたゲストハウスと、これからスタッフとして働くゲストハウスの違いを伝えられたらもっといいはずです。

 

ゲストハウスで働いている人はほとんどが以前ゲストハウスに泊まったことがある人です。快適なゲストハウスであればあるほど、その業務は多岐にわたり仕事量の多さにびっくりするかもしれません。

 

忙しいときほど笑顔で接することが重要になってきます。外国人との交流が好きということなので心配はないと思いますが、おもてなしの精神がないと疲れる場面も出てきます。

 

ゲストハウスの数は年々増えていますが、ユースホステルの数は年々減っています。似たような形態でも淘汰されるところもあるということです。ここで注目したいのは、創意工夫が必要になるということ。ゲストハウスの数が増えているということは競争も激化しています。アイデア勝負で個性と快適さがあるゲストハウスが生き残っています。

 

その一員として働くスタッフは重要なポジションです。インバウンドという枠を越えた仕事を期待されるでしょう。