インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文

インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文を指南。英語や中国語や韓国語の外国語を活用したい人から初心者まで東京、大阪、福岡、沖縄など現場の仕事を分析。転職情報サイトです。訪日外国人に関係するニュースもマーケティングし紹介していきます。

IT企業WeChatのインバウンド営業企画求人志望動機例文

志望動機例文:Sさん

IT企業の中でも貴社を志望したのはインバウンド事業が柱になっているからです。中国のSNSであるWeChatを日本で展開し運営しているところに惹かれました。もともとfacebookマーケティングには興味があり、さらにこれからはアジアの時代だと思い中国語も勉強しました。ITの知識とインバウンドが同時に活かせる仕事を希望しています。(164文字)

 

コメント

ITとインバウンドが重なっている部分にIT技術と中国語を武器に仕事は探すのは採用者としても求めている人事のはずです。中国語のレベルの提示と今までのIT業界での実績、そして中国のSNSのWeChatに対する思いを付け加えれたらさらにいいと思います。

 

日本人はfacebookとLINEを活用していますが、これは全世界のことではありません。中国人は中国版ツイッターのウェイボー(微博)と中国版LINEのWeChatを活用しています。そしてここから口コミや評判が拡散されています。

 

インバウンドの中でもWeChatに特化した会社なので、中国のSNSを使って中国人と日本企業の間に立つ仕事です。中国語も活かされることでしょう。中国人は総人口が日本とは桁違いです。なのでインターネットを使用している人口も日本より多いのです。

 

これから訪日する中国人観光客は増えていくはずです。ということはインターネットを活用した中国版口コミが売上向上の条件となることは間違いありません。