インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文

インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文を指南。英語や中国語や韓国語の外国語を活用したい人から初心者まで東京、大阪、福岡、沖縄など現場の仕事を分析。転職情報サイトです。訪日外国人に関係するニュースもマーケティングし紹介していきます。

福岡のキャナルシティ博多の中国語を使った仕事の応募志望動機

志望動機例文:Cさん

キャナルシティー博多には中国人をはじめとした外国人観光客がたくさん来ているのを見ました。先日、行ったときも多くの外国人で賑わっていました。わたしは上海に留学したことがあります。中国語も話すことができ、上海でも接客のアルバイトをやった経験があります。この能力を活かしたいと思い応募しました。必ず役に立てると思います。(157文字)

 

コメント

上海で接客の仕事をしたことがあるというのは大きなポイントです。しかも中国語でのアルバイト経験は応募多数の場合大きな決め手となります。

 

キャナルシティーには大型観光バスが横付けして、外国人観光客がたくさん来ています。テナントも多数あり買い物する人は楽しいはずです。そのテナントも逆の視点から見れば人材不足に悩まされています。日本人が日本のお客様に接客するのでも不足がちな接客スタッフですが、外国人対応となるとさらに不足しています。

 

外国語が話せるというだけで外国人が応募しますが、接客はそんなに甘いものではありません。接客はおもてなしの心と我慢強さが大事です。なので外国語を話せる外国人というだけで即決採用というわけではないのです。

 

応募する人は上海での接客の経験があり、外国語も堪能とのことなので、採用の可能性が高いと思います。あとはそのお店の商品をどれだけ愛しているかが重要になってきます。採用担当者もそこはチェックするでしょう。商品にもよりますが、アピールすることは大事です。