インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文

インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文を指南。英語や中国語や韓国語の外国語を活用したい人から初心者まで東京、大阪、福岡、沖縄など現場の仕事を分析。転職情報サイトです。訪日外国人に関係するニュースもマーケティングし紹介していきます。

バスガイドの志望動機の例文!インバウンド外国人観光客向け

志望動機例文:Tさん

初めて就職がバスガイドの仕事でした。これをきっかけに人と接してコミュニケーションをとることが好きになりました。その後、接客業を中心に仕事をしました。バスガイドは天職だったと思えるほど、印象が深く残っています。好奇心が旺盛なのでたくさんの職業を経験したいと思ってやってきましたが、今回インバウンドの外国人と接するバスガイドの求人を見て挑戦したい気持ちがふつふつと湧いてきました。もう若くはないのでこれが最後のチャンスかもしれません。思い切って応募しました。(227文字)

 

コメント

転職であるバスガイドとインバウンドのバスガイドがうまく重なりあっているところがいいポイントです。あとは現在の語学力と、これからのやる気を付け加えるといい志望動機になります。

 

中国人をはじめ、外国人観光客のツアーにはバスがつきもの。バスにはガイドが必要です。中国人観光客は増えていますが、バスが不足し、バスガイドも不足しています。はとバスの乗客数も伸びています。大型クルーズ船もどんどん来ていて日本国内ではバスを利用します。中国語を使うバスガイドといってもいろんな場面でいろんな会社があります。

 

日本に住んでいる中国人が中国語で日本の説明をしてるパターンが多いようです。しかし日本のことは日本人からガイドしてもらいたいという要望もあります。

 

ここで語学の問題が出てくるのですが会社によってはそこまで重視せず、コミュニケーション能力を重視し、1番大切なのは顧客満足度だと言っているところも多いです。やる気があれば語学は後からついてきます。語学は自分で判断せず採用担当者に問い合わせてみましょう。