インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文

インバウンド求人の履歴書志望動機の書き方例文を指南。英語や中国語や韓国語の外国語を活用したい人から初心者まで東京、大阪、福岡、沖縄など現場の仕事を分析。転職情報サイトです。訪日外国人に関係するニュースもマーケティングし紹介していきます。

インバウンド業界が未経験だからこそ家電量販店に志望動機でやる気

志望動機例文:Wさん

わたしが家電量販店を志望した理由は、ひとりひとりのお客様に接客し、きめ細やかな対応とコミュニケーションでサービスを提供し、やりがいのある仕事だと感じ、わたしも販売員の一員として働きたいと強く思ったからです。経験はありませんが日々努力をして、少しでも早く一人前の販売員になれるようにがんばりたいと思います。(152文字)

 

コメント

未経験者が経験者よりも有利な点はどこにあるのでしょうか?ちょっと考えてみましょう。すぐに答えは見つからないはずです。しかし採用側から見ると「やる気と素直さ」がポイントになります。経験があるといい面もあるのですが、仕事のやり方ができあがってしまい頑固に変えない人もいます。こちらとしては教育がしづらくなるときがあります。未経験でインバウンド業界に飛び込むのであれば「なんでもやります!必ず役に立ちます!中国人にビビりません!」というような気迫が大事になってきます。

 

インバウンド業界は出来上がったものではなく、これから新しい業界をつくっていく内容がまだまだたくさんあります。1日1日変化の毎日です。失敗して改善してまた失敗して改善するという繰り返しです。チャレンジ精神と現場で何でも対応する柔軟性が必要です。現場はチームワークが大事です。最初は先輩販売員もいますが、すぐに後輩も入ってきます。どの立場になっても最初の志望動機のような「やる気と素直さ」が大事です。そこをアピールすると採用率が上がるはずです。